上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かやる時、「直球勝負」と「言い訳」がつきまといます。出来れば直球勝負でいきたいですが、言い訳も逆手にとることが出来ます。
例えば、言い訳をしながら真剣に踊るとかね。
ジャンプを繰り返して「本当はもっと飛べるんすよ。今日は本調子じゃなくて」とか、流れるような動きをしながら「今ここで恍惚を感じています、そう、ここで!」とか、やりようによってはアリだと思います。

コントをしてその面白さを芸人が説明するのは寒いですが、それをひっくるめて「出し物」にする方向性。

コメント一覧

コメント投稿

投稿
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

ドドド・モリ プロフィール

dododomori

Author:dododomori
京都にて振付家の山下残、舞踏の今貂子の活動に参加し、上京後は伊藤キム主宰の「輝く未来」に所属した新宅一平の呼びかけにより、2011年に結成。ポップな舌触りと、胃もたれするような食後感のあるダンス作品を目指す。

Tweets

Facebookページ

お問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールが送れない場合は、【dododomori@gmail.com】宛へメールをお送り下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。