上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、新宅です。
今回は小道具も積極的に使う予定です。
それは物に頼るというよりも、その物を通じてどう体を奉仕できるのか、といったことに注目したいと思っています。
あと、矛盾するものを体で受けとめてやっていく、というのも一つのテーマです。

大切なお客さんにワインを出すとして、両手にワイングラスを持っています。
別の給仕が手を滑らせて、目の前にケーキが落下してきます。
その時、あなたはどうしますか。
2011012311425554f[2]_convert_20110123120317









コメント一覧

コメント投稿

投稿
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

ドドド・モリ プロフィール

dododomori

Author:dododomori
京都にて振付家の山下残、舞踏の今貂子の活動に参加し、上京後は伊藤キム主宰の「輝く未来」に所属した新宅一平の呼びかけにより、2011年に結成。ポップな舌触りと、胃もたれするような食後感のあるダンス作品を目指す。

Tweets

Facebookページ

お問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールが送れない場合は、【dododomori@gmail.com】宛へメールをお送り下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。