上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は日中の稽古でした。
シーンの一つが難航していますが、そこに希望があるのだと直感もします。
出演者と自分のより良い着地点は、常に暗中なのですが、問われるのは、稽古で出てきたものの何を選んで何を選ばないのか。
いったん自分の持っているものを捨てなければ次のステップに行けないのでは、とも思いますが、捨てるということと諦めるということは違います。
もがいてみせまっせー










コメント一覧

コメント投稿

投稿
名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

ドドド・モリ プロフィール

dododomori

Author:dododomori
京都にて振付家の山下残、舞踏の今貂子の活動に参加し、上京後は伊藤キム主宰の「輝く未来」に所属した新宅一平の呼びかけにより、2011年に結成。ポップな舌触りと、胃もたれするような食後感のあるダンス作品を目指す。

Tweets

Facebookページ

お問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールが送れない場合は、【dododomori@gmail.com】宛へメールをお送り下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。